2007年12月21日

20:01 戸塚駅行き

071208_0330~01.jpg

中学の時、よくツルンでたグループの友達が結婚する。


明日。


過去三回の夜行バスの辛さもあり、今回は電車で帰ろうかと。


時間を有効に使うため、21:45上野発の夜行列車で帰る事に。


自宅を出たのは20時前。


バス停に着き、時間を調べた。


『20:01』


街は忘年会で賑わっている。


ベンチに座っているとバス独特の音が聞こえ見るとバスがやって来た。


『プシュー〜』


そのバスは完全に停車する前からドアを開けていた…


こんなのは初めてだ。

その乗車口に吸い込まれる様に乗り込んだ私はあり得ない光景を目の当たりにした



誰一人乗ってないのだ!


こんな事は初めてだ。

ベッドタウンのこの場所は人は腐るほどいる。


ちょっとドキドキしながら一人座り用の座席に座った。


一つ



2つ



3つ



バスは停留所に停まる事なく走ってる。



車内から過ぎ去る街並みをみながら
ふと、昔に見た

『世にも奇妙な物語』

を思い出した。


いつも、終わりのタモリのナレーションで
『次は貴方の番かもしれません』
と言っていたのを覚えている。


自分が乗ったバス停から終点までは10近くの停留所があるだろうか…


誰も乗って来ない事が不安に感じていたのが、もしかしたら最後まで一人かもしれないと期待感のドキドキに変わってきたのだった。


運転手の人もこんな事はめったにない。いや、初めてかもしれない。と感じているだろうと僕とシンクロしていた。



『次は、上倉田交差点、上倉田交差点』


これは来た!と思った。


上倉田交差点は終点の駅から歩いて一分の、降りる人はいるが乗って来る人を見たことはなかったからだ!


『Victory』


この文字が頭に浮かんだ…
posted by てるや at 20:48| 山形 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
You are winer
Posted by R at 2007年12月21日 23:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。