2007年03月21日

田嶋じゃナイト

0320 .jpg

昨日は松本氏と久しぶりに会ってましたビール

バリ伝で

泡盛が思ったより効いて、初めて駅から歩いて
帰ったんだけど、記憶が曖昧な感じです。

帰りに目に入った「古本屋」で
前に友達から勧められてた
「お坊ちゃまくん」の作者の書いた「戦争論」ってヤツ
を思い出して、店員に聞いてみた目

その店員さんがインパクト大exclamation×2

「田嶋君」でするんるん

彼のかけているメガネのデザインは今の時代は
もうないんじゃないかと思わせるくらい存在感がありました。
はい。

残念ながら「戦争論」は売れてしまっていました。

せっかくなので、本に詳しそうな「田嶋」にお勧めを
選んでもらったNEW

【ルネサンスの女たち】 塩野七生 

自分だったら絶対に興味を持たない、一生
出会うことのない様な本ですが、彼との出合いに
何か意味のあるものとしてこの本を噛みしめます。

「あらすじ」
政治もまた偉大な芸術であったルネサンスのイタリアに
おいては、女性たちも大胆に、あるいは不可避的に
権力とかかわり、熾烈な生涯を生き抜かなければならな
かった。エステ家のイザベッラ、ボルジア家のルクレツィア、
スフォルツァ家とコルネール家のカテリーナ   
四人の魅力的な女性を横糸に、権謀術数の時代を縦糸にして
織りなされる華麗な歴史物語。
posted by てるや at 23:17| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。